おでかけPHOTO

自然写真や旅行、イベントなどの写真を中心にしたブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

神楽女湖

6月24日(土)午前中に晴れ間がのぞいた。
神楽女湖と志高湖までドライブする。

神楽女湖の花菖蒲は満開で見頃でした。
雨上がりは空気も綺麗。
蝶たちもあわただしく舞う。雨の間じっと我慢していたのでお腹が空いてろんだろうね。
20060624202420.jpg


アゲハも花菖蒲の蜜を吸っています。

20060624202538.jpg


20060624202611.jpg


20060624202647.jpg


20060624202719.jpg


志高湖より

20060624202801.jpg


20060624202835.jpg

スポンサーサイト
  1. 2006/06/24(土) 20:28:46|
  2. 自然
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

由布山のミヤマキリシマ

6月18日(日)、午前9時過ぎ由布山正面登山口より。
ガスもかかり湿度も高く汗も早めに出て、マタエ辺りまで小雨もぽっぽっと降っていました。
目的はミヤマキリシマとお鉢にあるオオヤマレンゲの確認です。
この時期の由布山は初めてで、昨年はミヤマが終わった頃登っていました。
由布山のミヤマキリシマは盛りを過ぎた頃でした。
西峰からお鉢めぐり、東峰へと周るコースをとりました。
西峰、大崩、岩場、剣ケ峰、東峰のポイントでは晴れるまで待って写真を撮ったりしていたので下山が6時半になりました。
7時半頃の落日までいればよかったのですが、10時からサッカーも見たいし後ろ髪を引かれながらの下山でした。

西峰より
西峰は頂上の手前辺りとその崖下に咲くミヤマが綺麗です。
絶壁の岩にしがみつくように咲いているミヤマは人の心を動かすでしょう。
20060619212047.jpg


20060619212116.jpg


20060619212141.jpg


20060619212203.jpg


20060619212236.jpg


s-2006_0618yufusan0003.jpg


大崩から
大崩から降りた岩場から大崩です。
この斜面はすでに満開を過ぎていました。

20060619212534.jpg


岩場より
この岩場を剣ケ峰に登りかけた登山道脇にオオヤマレンゲの蕾があります。
私は由布山の中でもこの岩場と西峰の岩場が最も好みのロケーションです。
冬場の霧氷の頃は何度見ても飽きない場所なんですね。

登山道の岩場で何処かの山岳会が練習していました。
何も皆が通る場所で練習なんて?と思いましたが・・。

s-2006_0618yufusan0036.jpg



20060619212616.jpg


20060619212646.jpg


20060619212718.jpg


20060619212753.jpg


剣ケ峰辺りより

20060619212848.jpg


s-2006_0618yufusan0053.jpg


東峰より

s-2006_0618yufusan0063.jpg


20060619213252.jpg


20060619213430.jpg


20060619213509.jpg


20060619213629.jpg


20060619213726.jpg


20060619213820.jpg




20060619213900.jpg


20060619214028.jpg


20060619214109.jpg


20060619214139.jpg


途中岩場の上で滑ったりしましたが無事に下山です。
由布山のミヤマは初めてでしたがまずまず満足できました。
オオヤマレンゲの蕾も確認できたので登山の目的は90%達成です。
残りの10%は由布山からの落日を前にして下山したことが唯一心残りです。
  1. 2006/06/19(月) 21:43:24|
  2. 自然
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

6月11日 夕暮れ九重

11日(日曜日)午後4時に牧ノ戸から星生山と扇ヶ鼻岳を目指したんだけど、途中でガスが出てきました。
景色が見えなくなったので扇ケ鼻の手前でUターンです。
こんな時間に登る人はいなくてゆっくりと登れ楽しかったが、
夕焼けミヤマキリシマは不発に終わりました。
せっかく九重を独り占めできたのに残念だったナ。

沓掛山を下って左の小高い場所から三俣山です。
 
沓掛山を下った辺り


このあたりのドウダンツツジはそろそろ終わりです。
風が強くて花たちも震えています。
ベニドウダン


s-2006_0611tukahara20024.jpg


帰りは土曜日に行った塚原にまた行きました。
  1. 2006/06/16(金) 23:47:43|
  2. 自然
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ミヤマキリシマを求めて 平治岳 北大船

平治岳から北大船のミヤマキリシマ

6月10日、朝6時頃、吉部登山口を出発。
天気は曇りで肌寒い、雨でも降りそうだった。

途中、暮雨の滝により若葉彩どられた滝を見る。
滝の水が少ないように感じた。

今回、大船林道から登るか迷ったのだが、もしかして坊ヶ鶴のミヤマがまだ咲いているかもしれないと思い、一応は坊ヶ鶴より平治岳を目指すことにしたのだが。

さて坊ヶ鶴に着くと、法華院山荘の上の山肌にピンクが見える。
この段階では、平治岳も北大船もミヤマキリシマが頑張って咲いているなんて想像してなかった。
ピンクの山肌、法華院山荘の上の崖を登ろうかなどとためらっていた。

平治岳の様子も気になるし、まず坊ヶ鶴から平治岳へと向った。
時間が早かったせいか混み合うこともなく山頂まで登れたが、
午後、北大船より平治岳の南峰を見ると、蟻の列みたいに混み合っていた。
平治岳は8分咲き。
虫害にもめげずによく頑張ったものだ。

大戸超から北大船に登る途中にあるオオヤマレンゲはまだ蕾のままでした。開花にはあと一週間から10日はかかるとみた。

北大船は私の予想外のミヤマの咲き具合で十分楽しめた。

平治岳も、北大船も想定外の咲き様で嬉しかった。
時間があればまた登りたい。

暮雨の滝 吉部登山口より登り、しばらくすると谷合から川音が聴こえ     てきます。

暮雨の滝2


若葉に彩どられた暮雨の滝

暮雨の滝


平治岳より
平治岳


平治岳2


平治岳3


平治岳4





北大船より

森の貴婦人オオヤマレンゲはまだ蕾でした。


オオヤマレンゲの蕾


北大船


北大船2


北大船3



北大船4


北大船5

テーマ:自然の写真 - ジャンル:写真

  1. 2006/06/13(火) 13:36:37|
  2. 自然
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

プロフィール

Aki(満月ろおど)

Author:Aki(満月ろおど)

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。