おでかけPHOTO

自然写真や旅行、イベントなどの写真を中心にしたブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

西椎屋の滝

11月25日 雨


西椎屋の滝の紹介文
(院内町の南部、玖珠町との境にあり、耶馬渓溶岩の絶壁を流下し、落口6m、落差86mと広く深い滝つぼで、東椎屋の滝、福貴野の滝とともに「宇佐の三滝」と呼ばれ、日本の滝100選に選ばれた名滝で、天から落ちるような、とうとうたる水は豪快であります。)「玖珠町役場 商工観光課」


湯布院ヤマナミ11号線から深見ダム方面に入り、ダムを左折して玖珠町森まで走り、387号から院内に向かって走ると日出生(ひじう)ダムがあります。
途中、自衛隊実弾演習の爆音がこだまとなって響きわたっています。

このダムの下に西椎屋の滝があります。
ダムの水を放流しているので相当の水流があります。

ダムの周囲は適度に紅葉していましたが、雨なのでよく撮れません。

日出生ダム

20061127204312.jpg


第一展望台より

今日は二筋の滝が流れていました。

20061127204413.jpg


20061127204545.jpg


第一展望台からは迫力がないので更に急な坂道を下り、第二展望台に行きます。

第二展望台より

20061127204732.jpg


20061127204819.jpg


第二展望台から更に下に降りると滝壺の真上に出ます。
撮影が困難なほどの水しぶきを浴びることになります。

滝壺

20061127205018.jpg


20061127205059.jpg


もうひとつの滝

20061127205120.jpg


20061127205158.jpg


20061127205221.jpg


滝壺直下の渓谷

20061127205256.jpg

スポンサーサイト
  1. 2006/11/27(月) 20:59:07|
  2. 自然
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

湯布院 

11月25日 土曜日 雨
最近は雨ばかり。
せっかくだから雨と友達になろうと朝早くから湯布院、西椎屋の滝、
富貴寺、両子寺と回ってきました。
今日は湯布院の金鱗湖周辺と梅園の庭からの紅葉です。

金鱗湖

20061126215532.jpg


20061126215608.jpg


20061126215628.jpg


20061126215700.jpg


亀の井別荘 天井桟敷より



20061126215750.jpg



20061126215818.jpg



20061126215854.jpg



20061126215924.jpg



20061126215946.jpg



20061126220005.jpg



20061126220028.jpg



20061126220053.jpg



20061126220113.jpg



梅園の庭より

20061126220152.jpg



20061126220214.jpg



20061126220236.jpg



20061126220257.jpg



20061126220318.jpg


次回は同じ日の西椎屋の滝です。
  1. 2006/11/26(日) 22:04:07|
  2. 自然
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

用作(ゆうじゃく)公園



11月20日 曇り

豊後大野市朝地の用作公園に行ってきました。
着いた時は時折晴れ間ものぞきましたが、次第に悪化雨雲に覆われてしまいます。

20061123104227.jpg


20061123104321.jpg



20061123104348.jpg



20061123104411.jpg



20061123104430.jpg



20061123104530.jpg



20061123104551.jpg



20061123104618.jpg



20061123104641.jpg



20061123104726.jpg



20061123104749.jpg



20061123104812.jpg



20061123104832.jpg



20061123104857.jpg



20061123104926.jpg



20061123104956.jpg



20061123105026.jpg



20061123105052.jpg



20061123105120.jpg



20061123105141.jpg


20061123105201.jpg



20061123105223.jpg



20061123105308.jpg


20061123105332.jpg

  1. 2006/11/23(木) 10:53:51|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

佐賀を訪ねて

11月18日 雨

紅葉を期待して佐賀県の九年庵、大興善寺(もみじ寺)、清水寺本坊庭園、海の紅葉シチメンソウを訪ねました。

朝から次第に天気は崩れ、九年庵に着く頃は小雨が降り始め、シチメンソウを見る頃は横殴りの雨となりました。
紅葉も色づき始めた頃で、今年は遅れているようです。
あと一週間もすれば良かったかもしれませんが、休めないので仕方ありません。

九年庵には10時頃着きましたが、すでに入場整理券が2000番を超えています。
一年に紅葉時期の9日間(11月15日~11月23日)しか公開しないようです。
写真もゆっくり撮る暇もなく、後ろから押されるように見ることになります。


神崎町観光協会の九年庵紹介文

「佐賀の大実業家、伊丹弥太郎が明治25年から9年の歳月をかけて築いた6,800平方メートルの別荘と庭園。
 別荘は入母屋葦葺の屋根に杉腰張りの土壁、竹格子の連小窓や真竹を用いた周りの濡縁など、野趣に富む外観を持ち、材質、色感、意匠、構造などのすべてに、細心かつ充分な吟味が加えられ、茶室と書院の様式を折衷した近世和風の数奇屋建築です。
 庭園は広く、多くのツツジやモミジ類などが植栽されており、四季を通して美しい景色を描き出しています。また、庭一面に広がるコケはまるでじゅうたんを敷き詰めたかのように錯覚してしまいます。
 九年庵は平成7年2月に国の名勝の指定を受け、毎年紅葉の時期に一般公開されます。」

九年庵

20061119114025.jpg


20061119114054.jpg



20061119114124.jpg



20061119114152.jpg



並ぶ時間に比べて、見る時間はあっという間でした。
紅葉も見頃の時期でないと物足りなさを感じてしまいます。


九年庵を出たところにあるお寺の境内の紅葉。

20061119114520.jpg


20061119114542.jpg


大興善寺(もみじ寺)
5万本のつつじ、500本以上のもみじ、季節ごとに景観を変えていきます。とりわけ春のつつじ・秋の紅葉の景観美で知られています。


20061119115210.jpg


20061119115231.jpg



20061119115258.jpg



20061119115319.jpg



清水寺本坊庭園
雪舟作と言われている見事な庭園があります。


20061119115558.jpg



20061119115621.jpg



20061119115641.jpg



20061119115713.jpg


海の紅葉「シチメンソウ」 佐賀県東与賀町

シチメンソウは塩生植物、塩分の濃い海水にも耐えて生えます。
日本では、九州の2地区に限られ、有明海(佐賀・長崎県)沿岸と北九州市から大分県北部の海岸に見られ、外国では、朝鮮半島と朝鮮半島に近い中国の海岸のみに分布します。
七面草で葉色が赤→緑→赤と変わるのを七面鳥の顔色変化に準えたようです。

20061119120305.jpg



20061119120341.jpg


横殴りの雨の中の撮影でした。
本来は夕陽を背景に撮りたかったのですが、自然相手は難しいですね。
  1. 2006/11/19(日) 12:05:05|
  2. 旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

由布山 紅葉② 

11月12日(日)晴れ

由布山 日向自然観察路

この道は東登山口からも、正面登山口からも行くことができます。
今日は東登山口から登り、東峰の分岐より入りました。
そこにはヤマナミハイウエイから見ては解らない赤と黄、そしてスカイブルーの世界がありました。
私にとって、晩秋の最期を飾るには最もふさわしい場所でした。
赤々と燃える楓・・まるで鮮血のような、名も知らぬ黄葉、コナラの橙色、深緑の苔。


20061113233144.jpg


20061113233215.jpg


20061113233239.jpg


20061113233337.jpg


20061113233404.jpg



20061113233438.jpg


20061113233513.jpg



20061113233546.jpg


20061113233637.jpg


20061113233659.jpg



20061113233723.jpg



20061113233744.jpg


20061113233806.jpg



20061113233831.jpg


20061113233852.jpg


20061113233951.jpg


20061113234010.jpg



20061113234037.jpg



20061113234106.jpg



20061113234127.jpg



20061113234148.jpg



20061113234214.jpg



20061113234237.jpg


20061113234308.jpg



20061113234342.jpg



20061113234411.jpg



20061113234436.jpg



20061113234458.jpg



20061113234520.jpg



20061113234546.jpg


山の紅葉を最高な気持ちで由布岳でしめくくれました。
今週土曜日は佐賀県の九年庵に行ってきます。
  1. 2006/11/13(月) 23:48:26|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:3

由布山 紅葉①

11月12日、晴れ。
久住には霧氷があったそうだが、午前10時に到着して下から見上げた様子では、由布山には霧氷はないように見えた。
頂上には行かないし、もちろんこの時間では溶けているかもですね。

さて、予定では久住と由布山のカケモチでしたが、朝寝坊のため由布山の山麓紅葉のみとなりました。

正面登山口からヤマナミ沿いにススキの草原と林を歩き、猪瀬戸に出ます。猪瀬戸からまた林に入り、東登山口に出て日向自然観察路と東峰の分岐より日向自然観察路を下り、正面登山口に戻りました。
所要時間は5時間もかかりました。
ゆっくりペースで前半は道なき道を歩いたためでしょう。

久住の霧氷を見れなかったのは残念ですが、今日は由布の紅葉に溜息を何度もついてしまいました。
日向自然観察路の紅葉はとてもすばらしいものでした。
ブログの中では、由布山紅葉②に登場します。

昨日の雨でちっちやな池ができていました。


20061112225541.jpg


20061112225602.jpg


20061112225619.jpg



20061112225636.jpg



20061112225655.jpg



20061112225711.jpg



20061112225729.jpg


20061112225747.jpg



20061112225807.jpg



20061112225826.jpg



20061112225845.jpg



20061112225910.jpg



20061112225932.jpg




20061112230013.jpg



20061112230038.jpg


20061112230105.jpg


20061112230140.jpg


20061112230206.jpg


20061112230229.jpg


東登山口に入る。

20061112230309.jpg


20061112230329.jpg


20061112230358.jpg


20061112230415.jpg


20061112230433.jpg


由布山 紅葉②に続きます。
  1. 2006/11/12(日) 23:04:59|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:1

由布山山麓より

11月9日、由布山山麓より

20061111185337.jpg



20061111185411.jpg



20061111185443.jpg



20061111185516.jpg



20061111185543.jpg



20061111185613.jpg

  1. 2006/11/11(土) 18:56:31|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:1

久住山へ(赤川登山道より)

11月5日 朝6時半、赤川登山道より久住山を目指して登り始める。
辺りの木々は紅葉しているようだが、まだ光がとどかないのではっきりとした色が見えないが、次第にやわらかな黄葉が朝陽を浴びるや、その美しさに足は止まってしまった。
先行して登っていた夫婦ペアーに「綺麗ですね~!」と挨拶。
喧騒だった大船や三俣と違い、このルートはあまりにも静でした。
それでも復路は、何組かの家族連れや女性の単独行と出会いました。
谷間の川に降り風もない青空を見上げると、やわらかな黄葉が空と調和して心を癒してくれます。

s-DSCF0330.jpg



s-DSCF0326.jpg



s-DSCF0332.jpg



s-DSCF0336.jpg



s-DSCF0337.jpg



s-DSCF0341.jpg



s-DSCF0348.jpg



s-DSCF0351.jpg



s-DSCF0354.jpg



s-DSCF0355.jpg



s-DSCF0367.jpg



s-DSCF0371.jpg



s-DSCF0372.jpg



s-DSCF0375.jpg



s-DSCF0379.jpg

  1. 2006/11/11(土) 18:49:08|
  2. 自然
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

長者原に風が吹く

11月4日 晴れ
長者原周辺から雨ヶ池までの登山道を歩いてみました。

s-DSCF0293.jpg


s-DSCF0284.jpg


s-DSCF0259.jpg


s-DSCF0261.jpg



s-DSCF0273.jpg


s-DSCF0274.jpg


s-DSCF0276.jpg



s-DSCF0275.jpg


s-DSCF0280.jpg



s-DSCF0277.jpg


大石原から

s-DSCF0304.jpg


s-DSCF0305.jpg



s-DSCF0311.jpg

テーマ:四季 −秋− - ジャンル:写真

  1. 2006/11/09(木) 20:39:32|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:1

黒岳 男池~風穴間

10月29日、男池から風穴間を歩いてみました。
昨年はちょうどタイミングが良かったのかこのルートの紅葉に感動しました。
今年は時期も悪かったのか、それほど溜め息がでるような感動はありませんでした。
しかし、朝方ソババッケより平治岳の東南斜面に光が当たるや、
見事な紅葉が見て取れました。
その場に居合わせた人たちの口々から「わぁ~綺麗!」と感嘆の声。
でも午後の光を受けた印象は「綺麗」と呼べるほどのものではなかったです。
紅葉はやはり光が決めてなのですね。

ソババッケより

20061108201047.jpg


ソババッケのマユミ

20061108201118.jpg



ソババッケから風穴にて

20061108201158.jpg


20061108201234.jpg



20061108201301.jpg



20061108201328.jpg




20061108201519.jpg


20061108201539.jpg


男池にて

20061108201614.jpg

  1. 2006/11/08(水) 20:17:02|
  2. 自然
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

プロフィール

Aki(満月ろおど)

Author:Aki(満月ろおど)

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。