おでかけPHOTO

自然写真や旅行、イベントなどの写真を中心にしたブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

耶馬溪・・裏耶馬渓

11月23日 晴れ

湯布院町蛇越峠で黎明を見た後、予定はなかったが、耶馬溪の紅葉時期には一度しか行ったことがなかったので、思いつきで九酔渓経由で廻ってみることにした。

耶馬溪・裏耶馬渓については、ウイキぺディアhttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%80%B6%E9%A6%AC%E6%B8%93を参照してください。


湯布院の黎明





20071128193015.jpg




20071128193032.jpg




20071128193050.jpg




20071128193105.jpg




涌蓋山の山頂付近が白くなっていた。
霧氷の山となっていたのでしょう。


20071128193211.jpg



九酔渓は車窓から見て、裏耶馬渓へと走る。


裏耶馬渓

鶴ケ原の景



池に映った景色

20071128193333.jpg







20071128193425.jpg




20071128193446.jpg






立羽田の景





20071128193526.jpg




20071128193544.jpg




20071128193605.jpg




20071128193626.jpg




20071128193644.jpg




20071128193706.jpg




20071128193732.jpg




20071128193755.jpg





七福岩




20071128194522.jpg




20071128194544.jpg





宇土の庄より



20071128194711.jpg




20071128194731.jpg




20071128194753.jpg




20071128194816.jpg




20071128194837.jpg







宇土の庄を出て、日出生ダム、西椎屋の滝に向かう途中の景





20071128194954.jpg




日出生ダム



20071128195022.jpg




西椎屋の滝



20071128195052.jpg




20071128195111.jpg





帰りの夕景から由布岳



20071128195152.jpg




20071128195212.jpg





次回は、一目八景からです。
スポンサーサイト
  1. 2007/11/28(水) 19:52:38|
  2. 自然
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

楓紅葉の用作(ゆうじゃく)公園

11月24日 晴れ

朝地町の用作公園の楓の紅葉を見に行きました。
ほぼ終わりにはいった紅葉でしたが、
夕日を受けて綺麗でした。


20071126210248.jpg




20071126210304.jpg




20071126210321.jpg




20071126210338.jpg




20071126210355.jpg




20071126210444.jpg




20071126210505.jpg




20071126210523.jpg




20071126210544.jpg




20071126210610.jpg




20071126210634.jpg




20071126210659.jpg




20071126210740.jpg




20071126210759.jpg

  1. 2007/11/26(月) 21:08:06|
  2. 自然
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

湯布院紅葉

11月19日 晴れ

湯布院亀の井別荘と金鱗湖周辺の紅葉。




20071125210709.jpg




20071125210727.jpg




20071125210743.jpg




20071125210802.jpg




20071125210824.jpg




20071125210840.jpg




20071125210901.jpg




20071125210915.jpg




20071125210933.jpg




20071125210954.jpg




20071125211014.jpg




20071125211032.jpg



  1. 2007/11/25(日) 21:10:57|
  2. 自然
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

九重夢大吊橋と震動の滝

11月17日 晴れ

今日は九重夢大吊橋の下を流れる鳴子沢と震動の滝周辺の紅葉を見に行きました。
吊橋を真下から撮影することも目的です。

「震動の滝」
落差83メートル、水量の多い時は周囲を震動させる様であり迫力満点。
日本の滝百選に選定された竜神伝説の残る九州屈指の滝で、滝つぼ周辺には温泉が湧出しており、鍾乳洞もあります。
滝開きや紅葉祭には多くの観光客で賑わいます。



「九重“夢”大吊橋」

平成18年10月30日にオープンした九重“夢”大吊橋。鳴子川渓谷に架かる吊橋の長さは390m、高さは173mと日本一の吊橋です。
歩行用の吊橋で、橋の中心まで歩くとそこからは美しい迫力のある「震動の滝」を見渡すことができます。
秋の紅葉シーズンは紅く彩った渓谷を真上から眺めることができます。

以上紹介文は、九重町観光協会より。


震動の滝

Cafe Timeです。

20071121202724.jpg



吊橋

20071121202809.jpg




20071121202829.jpg




20071121202852.jpg



橋から

鳴子沢に朝日が


20071121202939.jpg



橋から震動の滝


20071121203032.jpg



雌滝


20071121203058.jpg



現在は鳴子沢へ降りるのは危険なため禁止されています。
あえて降りる道は掲載しません。



急坂を下る途中で楓が朝日に光っています。


20071121203318.jpg




20071121203338.jpg




鳴子沢から見上げる紅葉
青空に映える紅葉が綺麗でした。
ず~っとここにいたい気分だしたが、谷間の日暮れは早いので、
そうもゆっくりできません。

20071121203441.jpg




20071121203501.jpg




20071121203522.jpg



20071121203617.jpg




震動の滝 雄滝

ここでゆっくり腹ごしらえです。
最期にコーヒーを沸かしていただきました。
格別な味です。



20071121204013.jpg




20071121204033.jpg



ゆっくりしたので、ここから橋の真下へ移動します。
途中、沢の景色に見とれてしまいました。
苔がとても綺麗です。


20071121204154.jpg




20071121204233.jpg




20071121204307.jpg




20071121204335.jpg




大小の岩を乗り越えて橋の下にたどり着きました。


九重夢大吊橋を真下から


20071121204449.jpg




20071121204510.jpg




20071121204538.jpg




もう一つの滝「雌滝」


20071121204644.jpg




20071121204707.jpg



下るときは光のかげんで見えなかったが、
登りのときは陽が当たって綺麗な紅葉です。


20071121204852.jpg




20071121204917.jpg



帰りの橋から


20071121204954.jpg



今日は天気も最高だったし、沢でも楽しめたのでとても良い気分になりました。
  1. 2007/11/21(水) 20:50:49|
  2. 自然
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

由布岳 紅葉 11月11日(日)

11月11日 晴れ&曇り 寒い


急がずゆっくりと時間をかけて、由布岳山麓を歩いた。
まず猪の瀬戸湿原を川沿いに歩いてみた。

猪の瀬戸湿原(大分県より)
http://www.pref.oita.jp/10550/inosedo/shitsugennitsuite.html
「猪の瀬戸は、由布市湯布院町との境近くの別府市東山にあり、湿原とその周辺地は阿蘇くじゅう国立公園に指定されています。猪の瀬戸湿原は、北西側の由布岳(1584m)、北東側の鶴見岳(1375m)、そして南側の水口山に囲まれた盆地状の地形に発達しています。」

たまたま「猪の瀬戸湿原再生プロジェクト」の方達が調査に来ていた。
少しお話をして日向峰の紅葉は少し早かったが記念に写真を撮った。


日向峰(猪の瀬戸湿原より)


20071119210819.jpg



由布岳正面登山口に回り、日向自然観察路に入る。



20071119211310.jpg




20071119211330.jpg




20071119211349.jpg




20071119211406.jpg




20071119211423.jpg




20071119211441.jpg




20071119211501.jpg




20071119211522.jpg




20071119211548.jpg




20071119211611.jpg




20071119211630.jpg




20071119211651.jpg




20071119211711.jpg



由布岳山麓の紅葉は久住に押されて、あまり語られないが、
私はここの紅葉も好きな場所のひとつです。
東登山道の方の紅葉もとても綺麗です。

  1. 2007/11/19(月) 21:19:39|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

根子岳 11月10日

11月10日 快晴

S君と根子岳天狗峰へ

天狗峰では先行する5人(男3人、女2人)のパーティが登ろうとしていた。
天狗のコルで待機。
本日2度目のコーヒーを沸かし、地獄谷の紅葉を見ながら待った。


20071112220114.jpg




天狗峰を登る先行パーティ


20071112220219.jpg



先行パーティが頂上へ向かった頃、鎖場からフリーで登ってみた。
垂直に登れば、案外第一関門へは足場の岩もしっかりしている。
だが油断は禁物~。
落ちたら軽傷じゃすまないよね。

天狗峰だけならフリーで登れるという気持ちが・・・湧いてくる。
2~5センチほどの岩の出っ張りに足と手をかけ、
右手で岩をたたきホールドを決める。
私にとって「とっておきの天狗峰」、ここだけはフリーで登ってこそ最高のエクスタシーを味わえる。

天草から来たカメラマンから激写されている。
彼とは登山口から一緒に登ってきたのだが、
その状況が見えるほど恐怖心はなく落ち着いておれた。

一旦、降りてS君と打合せ。

先行パーティが頂上で昼食をはじめたようだ。
時間も下がってきたので、今日は中止して下山することにした。

S君とまたの天狗峰到達を約束して下山。(ほぼ強制的に)
S君は地獄谷の岩峰群を覗き込みながら、岩にネーミングしていた。
観音岩、リス岩、猿岩など。


S君の命名した「観音岩」

(写真右側・・なんとなく観音像に似ている)

20071112221035.jpg




地獄谷の紅葉


20071112221150.jpg




20071112221213.jpg




20071112221234.jpg




20071112221256.jpg




20071112221320.jpg




20071112221343.jpg




20071112221405.jpg




20071112221430.jpg




20071112221452.jpg




20071112221544.jpg




高岳方面


20071112221616.jpg




天狗峰





20071112221719.jpg




20071112221741.jpg




20071112221803.jpg




20071112221828.jpg




20071112221854.jpg




20071112221921.jpg



高森温泉館
帰りに温まりました。

20071112222027.jpg



日の尾峠を廻って大分へ

20071112222114.jpg




ヤカタガウド近くから



20071112222205.jpg




阿蘇のすすき



20071112222238.jpg




20071112222259.jpg




さようなら根子岳天狗峰

来年まで登頂は待っていて欲しい。
きっとまた二人でやって来るから。
  1. 2007/11/12(月) 22:24:15|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

根子岳 ②

11月3日 快晴

M氏家族と東峰で別れて一人で天狗のコルまで向かった。

根子岳の紅葉は、久住連山と比較して豪華絢爛ではないが、
その黄色を中心とした黄葉が私は好きだ。
久住赤川登山口の上にも黄葉の綺麗なものが見れる、
が根子岳の脆くも崩れそうな岩肌を彩どる黄葉が私はいい。
その黄葉を引き立たせる赤く色づく葉も何とも言えない美しさがある。

だが、今日の赤い葉はくすんでいて輝きがなかった。
何時かまたここに来て赤と黄色が最大限にコラボする姿を見てみたい。


天狗峰と南峰

20071106211618.jpg



天狗峰と高岳(後方)


20071106211726.jpg



高岳 鷲ヶ峰

20071106211944.jpg



西峰方面

20071106212028.jpg



20071106212052.jpg




東峰から天狗峰に至る中間点


20071106212205.jpg




20071106212228.jpg




20071106212257.jpg




20071106212322.jpg



20071106212411.jpg



天狗峰


20071106212445.jpg



西峰方面


20071106212519.jpg



天狗峰


20071106212547.jpg




20071106212611.jpg




20071106212633.jpg





天狗のコルより





20071106212809.jpg




20071106212830.jpg




20071106212855.jpg




20071106212918.jpg




20071106213026.jpg




20071106213052.jpg




20071106213116.jpg





地獄谷



20071106213155.jpg




高岳方面


20071106213257.jpg




天狗峰より降りてくるクライマー

20071106213356.jpg




地獄谷と東峰


20071106213447.jpg




20071106213512.jpg




20071106213541.jpg

  1. 2007/11/06(火) 21:35:52|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:3

根子岳 東峰

11月3日 快晴

朝方冷え込んだものの、太陽の上昇とともに暖かな天気となり絶好の登山日和でした。
今日は、M氏の娘さんが根子岳に登りたいとの希望で東峰を登ることにしました。

東峰中腹より南峰

20071105070015.jpg


20071105070058.jpg



20071105070117.jpg



休憩タイムで
M氏の奥さんと娘さん

20071105070227.jpg



20071105070341.jpg



20071105070403.jpg



20071105070435.jpg



20071105070457.jpg





山頂で
M氏家族




20071105070546.jpg



20071105070607.jpg



食事タイム

20071105070644.jpg



20071105070711.jpg



20071105070734.jpg



20071105070826.jpg



ここでお別れです。
無事に下山してくださ~い。
私は天狗峰に向かいます。

20071105070932.jpg



根子岳②に続きます。
  1. 2007/11/05(月) 07:10:39|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

プロフィール

Aki(満月ろおど)

Author:Aki(満月ろおど)

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。